蜑阪∈
谺。縺ク

昔、収集した食器を食器買取してもらいました

私は国産のボーンチャイナが好きでかなりの量を収集しました。
国産のボーンチャイナは割れ物でありながら、強度があり、和食器と比較しても重くなく機能的です。
その上、図柄も美しくすっかり魅せられてしまいました。
特にお高かったのが食器のふちに金彩を施したボーンチャイナです。
これは、本物の金を使って色を付けているので非常に高価な食器です。
ただ、子どもを4人出産してから家事の効率化を図る必要がでてきて、これらのボーンチャイナを使わなくなってしまいました。
高価な食器なので食洗器で洗うのももったいないし、金彩の施された食器は電子レンジで使用することができないです。
なので、食器戸棚の奥にしまい込み、だんだん邪魔に感じるようになってきました。
夫には処分するように言われましたが、お古を人様に差し上げるのも失礼な気がして悩んでいました。
そこで見つけたのが食器買取です。
収取品の中には第二次世界大戦後、占領下の日本で生産されたボーンチャイナも何枚かありました。
これらは保存しておこうと思いましたが、しっかり査定していただけるという事で、まとめて買取していただきました。
食器戸棚も片付きましたし、お願いして良かったです。

Page Top