蜑阪∈
谺。縺ク

ハンドメイドによる査定結果から売るかを考える

透き通る白さときめ細やかさが特徴のリモージュ焼きの食器は、買取店でも人気があり、高値がつきやすいようです。
今でも、職人によるハンドメイドですから、色合い・柄などの細部仕様は1点ごと異なります。
査定にどのように影響を与えるのかは、その業者により一概には言えません。
しかしながら、素材特性や製造工程上と考えてくれるのなら、ブランドの価値で査定してくれます。
ペイントにおいても、色ムラやかすれ、色合いには差があります。
しかし、検品基準に合格しているのでマイナス評価がつくはずがありません。
古くからの製法を頑なに守り、受け継ぐ名だたる食器ブランドでは、職人が手動式の回転ろくろを用いて造形しているようです。
知識人であれば、色合いや柄の出方など、細部に多少難があったとしても、持ち味として評価してくれるので、査定結果に納得できなければ、説明を仰ぎましょう。
その答えが万が一、細部仕様ならば、他に持ち込むのがオススメです。

Page Top